おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

Find my Tokyo 次の東京メトロのCM出演を予想してみる

f:id:pepshisan:20171022040242j:image

首都圏に住んでいると見かけるCMの中で、印象に残るものといえば「東京メトロ」の広告が挙げられる。

現在は石原さとみが出演し、Find my Tokyoとして東京メトロの各駅を紹介している。

Find my Tokyo. | 東京メトロ

 

自分の記憶している範囲では、過去には宮崎あおい、杏、堀北真希など、奇しくも、NHK朝ドラ女優が務めている。

自分は出演しているのは朝ドラ女優だけかと思っていたけど、ウキペディアを見ると新垣結衣も出ていたようだ。しかし、記憶にあまりない。

いずれにせよ、有名女優が出演する傾向が強いようだ。

2016年から出演している石原さとみは、そろそろ降板する可能性が高いので、誠に勝手ながら、次に出演する人を予想してみる。

まずはじめに候補に挙げられるのは土屋太鳳だろう。

知名度、キャラクターともに申し分ない。しかしながら、現在は西武鉄道のCMに出ているので、直ぐには起用しにくい。再来年あたりに交代するならば可能性はある。

続いて挙げられるのが芳根京子

清純なイメージではあるが、朝ドラの影響からかもしれないが、落ち着きすぎている感じがする。そのキャラを破れるかどうか。

続いては有村架純

現時点ではど本命だと思う。ただ、すでに多くのCMに出てしまっているので、目新しさという点では欠けてしまう。

吉岡里帆。透明感を個人的には感じるので、彼女のCMを見てみたいと思ってしまう。個人的には一押し。

上記以外にも大河ドラマを主演した柴咲コウ、帯ドラマ「トットちゃん!」に主演している清野菜名が出演するのも見てみたい。

いずれにせよ、テレビや電車内の映像で見ていてワクワクするものを作ってもらいたい。

 

真面目ブログで何が悪い

どうも自称ブロガーのあたいです。

他でもブログを始めたのでご無沙汰になってしまいましたが、元気に生きてます。

最近、悩んでいるのはブログの内容が突き抜けないこと。

真面目な性格が災いするのか、それとも、単にユーモアセンスに欠けるからかもしれないけど、自分のブログが真面目すぎる。

なんだか、淡々と文字だけを綴ってしまっている。「わたしゃ記録員か」といった感じ。

たぶん読んでいても楽しくないと思う。こんなブログに出会ってしまった人はご愁傷様である。

本当は人気ブロガーみたいに読者が楽しいものを作りたい。

しかしながら、自分はまだブロガーとしての殻を破れていたいようだ。

 

よし、殻を破ろう!!

いや、破ってみせる!!

 

そんな決意のもと、こんなブログを書いてみたのだが、そもそも、こんな事を書くこと自体がが真面目なのではと思ってしまい、反省するのだった。

真面目ブログで何が悪い

衝突することを恐れる人が多い

人と争ったり、喧嘩をしたいと思う人間はあまり多くない。

誰もが、平穏無事に一日を過ごしたいと思っている。

しかし、時には人との衝突が避けられない時がある。

誰かに意見を言ったり、考えが違う人に議論を持ちかけたり、注意して指導することもその一つと言えるだろう。

最近よく思うのは、最近の人たちは、衝突したがらない人が多い。

確かに衝突すれば、嫌な気分になるし、場合によっては相手や周りから嫌われるかもしれない。

しかし、時にはその様なリスクを承知の上で行動をしなければならない。

衝突することで、誤ったものを正せたり、新しい可能性が生まれることもある。

何も動かないことは、むしろ悪なのである。

なんでこんな事を書こうと思ったかというと、最近、注意や指導できる人間が減っている気がする。

友達の様に仲良く過ごすことは楽しい。しかし、仕事の様な結果を出す必要がある場合は、仲良しだけでは緊張感がなくていいものは生み出せない。

衝突するかもしれないけど、自分たちの意見を言い合う環境を作ることが大事である。

みんないい人過ぎるんだよな。

働くということ

f:id:pepshisan:20170529205014p:image

自分がものを購入して、それが不良品だったら返金したいと思うに違いない。

なぜなら、正しいものを提供しないものにはお金を払いたくないからだ。

それと同じように、自分が労働した内容が正しくないものだったら、どうなるだろう。

お金を払う人は、当然ながら払いたくないと思うだろう。提供された労働にお金を払う価値がないからだ。

お金を稼ぐには、お金を払う人が満足するものを提供しないといけない。

満足したものを提供することで、初めてお金を稼ぐことができる。

このお金を稼げる人、つまり、正しくものやサービスを提供できる人がプロフェショナルなのである。

最近、自分がおじさんに成ってきたせいなのかもしれないが、若い世代と働くことについての意識の違いを感じる。

若い世代は正しいものを提供してないにも関わらず、それで対価を得ようとする。

考えが甘いよね。

そして、自分たちが正しいものを提供できないことを他に転化して自分たちの非を認めない。

たくさん言い訳をして自分たちは悪くないと主張する。

自分を守ることに必死過ぎてしまうのだが、少しは俯瞰して物事を考えて欲しい。

自分がサービスを受ける側だったら、その言い訳や責任転嫁を許せるのだろうか?

許せないでしょ。

お金払いなくないでしょ。

自分たちがやっていることって、そういうことなんだ。それをしっかりと認識した方が良い。

働くこととはどういうことなのか。学問を教えることも重要だと思うけど、もっと根本的なことを子供の時に教え込んだ方が良いと思う。

まあ、おじさんの戯言だよ、戯言。

赤ちゃん連れで丸亀製麺へ行くこと

f:id:pepshisan:20170524142605p:image

 時間がなかったし、手早く済ませようと丸亀製麺へ行って食べてたら、乳幼児を連れた若いママさんコンビがお店に入って席を探し始めた。

丸亀製麺は、いわゆるファーストフード的なお店で、入れ替わり立ち替わりお客さんが入れ替わるお店だ。

そのお店に乳幼児をを連れて入ってくるなんて非常識極まりないと感じて、心の中では舌打ちをしながら「ファミリーはファミリーレストランは行け!!」と罵っていた。

そこで、ふとネットで調べてみると、意外にも乳幼児連れにおすすめのお店として丸亀製麺が記載されていた。

その記事がこちら

丸亀製麺のメニューや店舗は子連れにおすすめ!ランチも夜もOK|cozre[コズレ] 子育てマガジン

 この記事によると、うどんは離乳食中期(8ヵ月ぐらい)から食べられるし、丸亀製麺にはお子様用の席や小上がりがあるのでおすすめと書いてある。

時代はいつの間にか自分の常識を超えてしまっていたか。

確かに、丸亀製麺の様なお客の出入りが激しくザワザワした雰囲気ならば、たとえ赤ちゃんがクズって泣いても、それほどうるさく感じないので他の客に迷惑があまりかからない。

うどん屋さんはサラリーマンやお一人様向けかとおもっていたら、いつの間にかその先へ参加していた様だ。

若いママさんコンビは非常識ではなく、最近の情報を得て丸亀製麺に来ていたに違いない。暴言吐いて(心の中だけど)ごめんなさい!!