読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

店員さんを誘うのはありなん!?

先日、とあるブランドのコートを購入した。

お店に行って担当してくれたのは女性の店員だったんだけど、コミュニケーション能力が凄かった。

対応の良さと雰囲気でフォーリンラブ。まさに恋に落ちかけた。

 「何かお探しですか?」という感じて話仕掛けられたのが最初だった。

「寒くなってきたので、コートを探してます」と答えると、すぐにお勧めのコートを持ってきてくれた。

羽織ってみると、かなり着やすく、デザインもカッコ良いコート。これは良い品物だった。

「さすがは、このブランド。売り上げ悪いとか聞いてたけど、悔いれないぜ」と思っていると、続けてその店員女性は色違いのコートを持って来て、着せてくれた。

「あーなんて優しいのだ」

もうこの時点で自分の中の恋心の火はついていた。(着火は簡単である)

普段から優しく接してもらうことがないので、こういうことで、直ぐに火がついてしまう。乾燥している真冬の時期のようによく燃える。

俺はすでにあなたの虜・・・

そんな感じでコートを選びながらも、少しばかり残った理性でなんとか値札チェック。

予算よりも少し高くなってしまうが、長年使えば減価償却できそうな値段。いいとこついてくるぜ。

購入すると言った時の店員さんの姿はヤバかった。マジで惚れるかと思った。

会計している時も温かく接してくれるので(客だから当然か・・・)、気を抜くと食事に誘ってしまういそうになるとこだった。

店員マジック恐るべし。その場限りのコミュニケーションだと思うけど、こういう時に誘うのはありなんだろうか。誘ってる猛者はいるのだろうか。

そんなモヤモヤを抱えた秋の空だった。