読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

真田丸の「きり」は何者だったのか!?

日曜日の放送で遂に真田丸が終了した。

久しぶりに大河ドラマを欠かすことなく1年間見ることができた。途中で挫折することが多いのでかなり珍しい。記憶の範囲では「元禄繚乱」以来だ。

真田丸は見る側に見逃せないと思えるぐらいのモチベーションを与えてくれる作品だった。さすがは三谷幸喜

最終回まで見たが、長澤まさみが演じた「きり」という女性の存在がなんだったのかが、いまいち分からなかった。

そこで、三谷幸喜が「きり」に与えた役割について考えてみた。

きりは主人公である真田信繁(幸村)の幼なじみで、大坂、九度山にも付いて行き、人生の大半を同じ場所で過ごしてきた。

そのため、側室の梅(黒木華)や正室の春(松岡茉優)よりも長い時間を過ごしている。

そして、信繁に対してあっけらかんとしたもの言いで、ズバズバと言いにくいことも言ってきた。

ドラマの序盤は「ウザい女きり」みたいなネット記事も出でいた。しかし、これは三谷幸喜がこの役割をあえて与えた狙いどうりの反応だったのではないだろうか。

真田丸きり役の長澤まさみがウザい?!しかし、演技の評価は高評価の理由は? | みみころ的トレンドNEWS

視聴者に反感を抱かせる演技をしていた長澤まさみはむしろ高評価なのだと思う。

 

では、なぜ「きり」をウザい女にする必要があったのか。

それは、真田信繁(ここからはあえて真田幸村と記載しよう)の終盤の活躍にあるのではないだろうか。

大坂冬の陣、夏の陣での真田幸村真田丸を作ったり、徳川家康の本陣を襲撃するなどの超人的な活躍をする。三国志で置き換えるならば呂布並みの超人だ。コーエーテクモが出している信長の野望の能力では、真田幸村の武力と統率はずば抜けた数値で評価されている。

まさに超人。

真田丸では真田信繁が幸村と名前を変えることで超人へと進化させた。

そして、この超人というキーワードがドラマを作るときに弊害となった。つまり、真田幸村が完璧すぎるので弱みを見せられなくなった。

そこで代弁させたのが「きり」だ。

彼女に遠慮なく話させることで、真田幸村を超人から人間へと引き戻した。つまり、「真田幸村」という完璧な外側と、内面を気づかせる「きり」の2人で終盤の真田信繁を描いた・・・そんな役割があったのではないかと、勝手に考えてみた。