おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

これまでプレイしたサッカーゲーム

f:id:pepshisan:20170320122856j:plain

ファミリーコンピュータが発売されて以来、数多くのサッカーゲームが発売されてきた。その中で、自分がプレイしたことあるものをまとめてみた。

SOCCER

任天堂ファミリーコンピュータで発売したサッカーゲーム。私が初めて買ってもらったゲームなので思入れが深い。1チーム6名だったり、ファールがないなど普通のサッカーとは違うが当時はプレイしていて楽しかった。

いま見るとグラフィックや動きがひどい

www.youtube.com

 

スーパーフォーメーションサッカー

当時、野球ファンだった自分はサッカーゲームに手を出すことはなかった。しかしながら、Jリーグが開幕するとサッカー熱が高まり購入したのが「スーパーフォーメーションサッカー」だ。

1チーム11名なので現実のサッカーに近く、友達や兄弟と対戦すると熱かったのを憶えている。よくこのゲームでケンカしたな。

続いて94年に登場したのがアメリカW杯を舞台にしたシリーズ。いま考えると、権利関係は大丈夫だったのか心配になってしまうが、当時はそこまで厳しくなかったのかな。

ドーハの悲劇で日本が出場できなかっただけに、もし出場していたらどうなっていたのかをこれをプレイしながら想像していた。

95年には三浦知良がイタリアのセリアAに移籍したため、セリアAを舞台にしたバージョンも発売されている。

縦スクロールで試合が進むため、上に攻めるのは楽だが、下に攻めるのは難しかった気がする。

www.youtube.com

Jリーグエキサイトステージ94

エポック社から発売されたJリーグゲーム。Jリーガーが実名で登場してプレイできるのでプレイしていて非常に楽しかった。いま改めて動画を見ると、とりあえずボールを蹴っている印象だな。

www.youtube.com

Jリーグサッカープライムゴール

ナムコが発売したJリーグサッカーゲーム。発売当初はJリーグ人気の影響によりかなり話題になった。自分は「エキサイトステージ」をやっていたので、数年後にこのゲームをプレイした。当時は面白かったけど、いま動画をみると微妙な印象だ。

www.youtube.com

実況ウイニングイレブン3

コナミが発売して、現在もシリーズ化されている「実況ウイニングイレブンシリーズ」。フランスW杯出場の影響もあり、98年にはかなり多くのサッカーゲームが発売された。その中で一番面白く、売れたのがウイニングイレブンだった。ここでユーザーから支持されたことが現在のシリーズ化へ繋がっている。

ちなみに自分はこのシリーズを何作買ったのか憶えてないぐらい購入している。

www.youtube.com

FIFA 98 Road to World Cup

ウイニングイレブンと同じく98年に発売されたFIFAシリーズ。全世界の選手が実名で登場するため現実感がある。

自分は98年にFIFA98を先に買ったのだが、洋ゲー特有の顔のグラフィックやプレイし難さを受け入れることができずウイニングイレブンに移行してしまった。

www.youtube.com

This is foot ball世界戦記サッカー2003

2003年当時は「ウイニングイレブン」シリーズの進化が停滞している気がしているので購入してみた作品。

この作品はひどかった。サッカーゲームとしてまったく仕上がっていなかったため、プレイしていてまったく楽しくなかった。購入して速攻で中古屋に売却した。その後のシリーズが日本で発売されないところを見ると、まったく売れなかったのだろう。

www.youtube.com

Football Kingdom

Jリーグプレイムゴールで一時期世間を席巻したナムコウイニングイレブンに対抗するべく発表したサッカーゲーム

ボールを持っている選手と受ける選手、それ以外に第3の選手のフリーランを動かせるという画期的なシステムを導入していた。しかしながら、ウイニングイレブンの牙城を崩すことはできず次回作が出ることはなかった。

ウイニングイレブンに対応できるソフトとして投資の意味合いも含めて購入しただけに残念に思ったことを憶えている。

www.youtube.com

 

振り返ってみるとかなりの数のサッカーゲームをプレイしている。これ以外にも「サカつく」みたいな自分では動かさないサッカーゲームもプレイしている。今度はそちらの方もまとめてみたい。