おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

4月27日

夜から雨は激しく降っていたが、朝になってようやくやんだらしく、湿った空気が立ち込めている。

天気によって霧雨がかかったような気分のまま電車の時間に間に合うように駅へと足を進めた。

駅に到着すると、1人の男性がベビーカーと一緒にエレベーターに並んでいた。

「通勤時間帯にベビーカーを引いているなんて珍しい。混雑する電車で大丈夫なのだろうか」
ホームに降りると既に急行の通過待ちをしている各駅停車がいたので乗り込んだ。

電車は人で溢れているので、乗り込むまでに時間を要したが何とか車内に入ることができた。

しばらくすると、なんとあのベビーカーを引いた男性が電車に乗り込もうとしている。

一人乗り込むのと大変な状況でさすがに無理だろと思っていると、入口付近の男性が「ベビーカー乗るから詰めて」と声を掛けた。

それに呼応して、近くの乗客が徐々に動き出し始め、発車ベルが鳴る頃にはベビーカーは車内に入ることができた。

ベビーカーを引いている男性はしきりに周りに感謝を述べいた。