おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

衝突することを恐れる人が多い

人と争ったり、喧嘩をしたいと思う人間はあまり多くない。

誰もが、平穏無事に一日を過ごしたいと思っている。

しかし、時には人との衝突が避けられない時がある。

誰かに意見を言ったり、考えが違う人に議論を持ちかけたり、注意して指導することもその一つと言えるだろう。

最近よく思うのは、最近の人たちは、衝突したがらない人が多い。

確かに衝突すれば、嫌な気分になるし、場合によっては相手や周りから嫌われるかもしれない。

しかし、時にはその様なリスクを承知の上で行動をしなければならない。

衝突することで、誤ったものを正せたり、新しい可能性が生まれることもある。

何も動かないことは、むしろ悪なのである。

なんでこんな事を書こうと思ったかというと、最近、注意や指導できる人間が減っている気がする。

友達の様に仲良く過ごすことは楽しい。しかし、仕事の様な結果を出す必要がある場合は、仲良しだけでは緊張感がなくていいものは生み出せない。

衝突するかもしれないけど、自分たちの意見を言い合う環境を作ることが大事である。

みんないい人過ぎるんだよな。