おおむねこんな感じ

興味持ったこととか。小説とか、雑多なことを書いてます

巨大与党と脆弱与党しかいない日本人は不幸だ

衆議院議員選挙が終了した。
結果はみなさんがご存知のように与党の圧勝。当初は飛ぶ鳥を落とす勢いであった野党は失墜した。

この結果を見ると、与党が巨大だと政権は安定する。安定することは経済的に、外交面では良いことだろう。

しかし、当然ながら緩みも出てくるであろう。

どうせ、しばらく経てば馬鹿な行動するやつとか、お金がらみのことが出てくるかもしれない。

そういう時に備えて対抗できる野党が必要なのだが、残念ながら日本にはそんなものは存在しない。

いつまでも、ゴタゴタと揉めている脆弱野党しか存在しない。だいたい、リベラルとか中道とかを言ってるけど、そんなことは一般の有権者にはよく分からん。

党と同じ意思を持っている人もいれば、違う意見なのに所属している人も少なくはないだろう。

そんなことで、くっついたり、離れたりしているから、いつまでも対抗できる力を持てない。

自民党だって意見はバラバラではないか。
それを質問すると「幅広い考えの人がいる党」と回答している自民党大物が多い。

それって、野党とどこが違うわけ?
要は言い方だけではないか。
自民党には色入りな考えがいても良くて、野党ではだめなのか?

現在は衆議院議員選挙で政権が選択できない現状だ。自分が生まれてからは、2回しか入れ替わったのをみたことない。

未来を選ぶ選択肢がない日本人は不幸でしかない。